猫とワタシ

cacao no cocoro 

加藤シゲアキくん大好きブログです。シゲを中心に 私事もちょこちょこ挿みながらNEWSクンやテゴマスちゃんを愛でてます。お気軽にコメント頂けると嬉しいです。

この記事のみを表示するできることならスティードで~小学校~

加藤シゲアキ


今回のエッセイ
一読したときに思った2つのこと


①シゲは限られた時間の中で
なぜこれほどまでにAちゃんのことを思い
「学び方を学ぶ」を導き出したのか?

お仕事とは言え、一般人の、
しかも目上に対する言葉遣いさえ知らない
(教えられてない)子どものために…
冷静に話していたし
私だったら感情的になってしまう💦


②そして
『NEWSな2人~ポリアモリー家族の回~』
を見た私たち読者にその真意を語ってるようだけど

本当はあのシングルマザーさんと
もう少し成長したAちゃんにも
読んで欲しいと思ってるのでは?

まぁ、シゲは「(今の彼女に)響くわけがない」
と断言してるから
全くの見当外れかもしれない😅

でも少なくとも私は読んで欲しいなぁと思った



①に関して、ふと思い出したのは
シゲが大切にしてる「一期一会」


例え相手が芸能界の大御所であれ若手であれ
仕事で出逢った一般人だとしても
話をして同じ釜の飯を食すなど
一定の時間を共有したのなら
それは縁があるということ


シゲはそういう繋がりを大事にする人だ

ましてや
その子どもが多くを語ってるようでいて
どう見ても不安定の安定性(伝わってる?)があり
意思の強さと
独りよがりな部分も垣間見られれば尚更だと…


私は過去記事にも書いたけど
少女の選択を「もったいない」と思った

あんなに打てば響く(例え不協和音でも)
ような頭の回転が速い子なら
ちょっと軌道修正すれば
素敵な大人の女性になれるのにと…


でもそれは
高みの見物席で座る
一視聴者の勝手な見方であって
シゲのように、まるで自分の身内のように
真剣に考えて出した答えとは違う


小学校時代に
たくさんの学び方を学んだシゲ

まさか『青い独り言』の中で
私が1番好きなあのエピソードを
今のシゲの言葉で再読できるとは思ってもなかったなぁ


そして
バタ足の効果と小学校のプールの想い出から
結びの文章に繋げるところなんか
その過程を含めて
もうシゲちゃん!大好き!
としか言いようがない(なんじゃそれ?)


要するにこの読後感がたまらないのです(^^ゞ

そして
自分より人生経験の浅い誰かの「なぜ?」にきちんと答えられる大人でありたいと
願うシゲがかっこいいと思いました


なので
次回の『NEWSな2人』を楽しみにしてたのに
まさかの昨日だったとは^^;


ポリアモリーについては
もはや理解の範疇を超えてるので
敢えてのスルー💦
見た目がおとなしそうな方が多いのはなぜ?^^;


ただ1点だけ
Aちゃんの現在を知ることが出来てよかった


シゲは見てたかな?


学校へ行くことがゴールではないけど
AちゃんにはAちゃんなりの
学び方を学んで欲しいです



NEWSな2人
次回は10月26日
けっこう待つね😓




さて、ワタクシ
今日は娘が小学生の頃のママ友さんたちと
ランチへ


お店を移動して

前回がいつだったか思い出せないくらい
久しぶりすぎて
朝から若干緊張してたけど

逢えばあの頃と同じように
食べて笑って
5時間以上も楽しく喋り倒して来ました😆


では🙋



いつもご訪問頂きありがとうございます
読んで下さった皆さまに幸あれと願いつつ
またのお越しをお待ちしております


関連記事

コメントの投稿

secret