猫とワタシ

cacao no cocoro 

加藤シゲアキくん大好きブログです。シゲを中心に 私事もちょこちょこ挿みながらNEWSクンやテゴマスちゃんを愛でてます。お気軽にコメント頂けると嬉しいです。

この記事のみを表示する零とミツル

コヤシゲ


書きたいこと
いっぱいあるのに。。


今日も今日とて雑誌貧乏でっ~すぅ!
(昨日『学校へ行こう』見た方いる?w)

で、ほぼほぼ読んでもーた!
なんならMyojoのスタッフレポまで😁
テゴシゲらしいエピだったわさ(^^*)


で、Pさんの10000万字インタビューもね
まぁ、これについては後日にでも…
(そればっかり^^;)



『ゼロ 一獲千金ゲーム』
~エピソード ZERO(ミツル編)~

前編は
零とミツルに起こった4年前の出来事が
明かされ…

ミツルが経営するペンションに
零が訪れてから築き上げていた信頼関係が
零の優しさが発端になって脆くも崩れ去ってしまったわけですが


でもね
自分が撮った愛する恵の写真と
零が撮ったものと
ふつうは違いがわかると思うので
ちょっと首を傾げてしまったの

まぁ、それは
似たような構図があったのかもしれないと
譲歩したとしても

ミツルの行動(彼女に相談もなくペンションを売却したり)があまりにも突飛すぎて
少しついていけない所があったのも事実


それとミツルの4年間の空白(絶望からの脱却)が
シーンとして描かれていたら
本編で再会した零に
なぜあれほど穏やかな表情を見せてくれるのか
鈍感な私にもわかったと思う

そこが気になったけど

後編で
零から恵の状況を知ったミツルが
彼女が今幸せかどうかを確かめるため

彼女に逢いに行くだけでなく
そのまま同じ職場で働こうと決意し
行動に移せたのは
前出のミツルだからこそなのではないかと…

全てを話したら
余計に恵を混乱させてしまうかもしれないリスクもわかっていて
それでも彼女のために
ちゃんと別れを告げようとしたミツル

その想いが
彼が撮った今の彼女を
優しい笑顔にさせたのかもしれない


零もそれを望んでいたと思う
何よりも2人の幸せを願っていたしね


結果
よかったよ

ハッピーエンドで…


それに何と言っても
ミツルに撮られる零が嬉しそうで楽しそうで
幸せそうで。。

シゲ担としては
零のお色直し3着も見られたしね( ´艸`)

ミツル撮影の写真付き論文
賞を取れるといいなぁ。。


なんてね😁
やはり続編も期待しちゃうよ~



だって

『クラウどり(終)』が
爽やかな写真なのに
あまりにも切なくて切なくて(T_T)


てか、見えないし!!
ローガンなのに
何かの罰ゲームかーーい!笑


「いつか会いましょう」は
「会えるといいですね」とは違うから
そのいつかが来ることを祈ってます💚
(クラウドの書写も6冊目に突入したよ~)



『シゲ部』

つい先日
ツイで流れてきた小関裕太くんのトークショーで
ドラマの話で盛り上がったと知り
ニヤニヤしてたら

同じ話題(ユウキのビンタの件)がシゲ部でも…

シゲと裕太くんの性格の良さを表していて
こちらも聴いていてほっこり(´▽`)ノ

そこから
『グリーンマイル』の話になり
主任であるシゲがパーシー役の伊藤さんを
何度もビンタし(舞台だから仕方ないよね)
その時の気持ちを話してた

主任のラジオヘビーリスナーである伊藤さん

聴いててくれたらいいなぁ
とみんな思ってたよね


そしたらちゃんと聴いて下さってたばかりか
即座に反応されてて
嬉しかったなぁ


伊藤さんのお人柄が垣間見れたのは
もちろんのこと

それだけ濃厚な時間を過ごした昨年の秋
確かにシゲはあの時も全身全霊で
ポール•エッジコムだったなぁと思いを馳せたりなんだり(^^ゞ

お仕事でお忙しいのに
伊藤さんが忘れないでいてくれてることに感謝だわ~



舞台やドラマでお芝居を通して
出逢った方々やメンバーとも
ゼロの続編も含め
どこかでまた共演する姿を見たい


そんな夢が
夢で終わりませんように。。。。


ずっとゼロロスだけどーーーー


ではcanocoも

落ちます🙋




いつもご訪問頂きありがとうございます
読んで下さった皆さまに幸あれと願いつつ
またのお越しをお待ちしております



関連記事

コメントの投稿

secret