猫とワタシ

cacao no cocoro 

加藤シゲアキくん大好きブログです。シゲを中心に 私事もちょこちょこ挿みながらNEWSクンやテゴマスちゃんを愛でてます。お気軽にコメント頂けると嬉しいです。

この記事のみを表示するカカオの心

加藤シゲアキ


今日はフラゲ日(´▽`)ノ

皆さんのお手元には届きましたか?



私は3店舗回ってお迎えしてきました
この他に追加分もね😆


MVやカップリング曲の感想は
また後日に書けたらいいな~と思ってます


あ、だけどこれだけ!
『LVE』からの『「生きろ」』インストは
グッときて堪えてたものがこぼれ落ちそうになる

♬LVEの歌詞もね
ちょっと過去曲のタイトルや歌詞が
浮かんだりしました



『シゲ部』

*「生きろ」のジャケ写
シゲが使った表現で”無骨“という言葉が
印象に残った
確かに人間の剥き出しの感情が伝わる
ブックレットも何度も見返したくなるよ


♬「生きろ」


*カカオ

「間が空けば空くほど上がるハードル」

いや、部長!
高く上がったハードルを軽く超えてましたよ😆

電球=光だよね~
だけどわからないのは
Jr.くんたちの防弾チョッキみたいなの
あれはどういう意味なんだろう?
どこかで話してた?


ヒールについてのメール
たっくさん!
めちゃめちゃたくさんきたんだね(^^*)

“変な違和感”
”見慣れない世界観”

「ヒールは女性の象徴という固定観念が
ちょっとグチャグチャになればいいなと…」

なるほど~
男が履いたっていいじゃん!てね
もうシゲの中では…
というかシゲが作品を創り出す上では
男だから女だからという発想はないのかもね


“無邪気さと色っぽさ”
“大人と子ども”

私はこの言葉に1番合点がいった
性別問わず
誰しもが持ってる感情だったり
言動や仕草でもあるから

アンビバレントね


*歌詞のテロップ
あ~やっぱり!
それについてのメール来てたのね


30代の加藤シゲアキが
19歳の加藤成亮の作品を歌い踊るだけでも
ファンにとっては最高のご褒美だったけど

シゲから自身のプロデュースについて
聴けるのは毎回毎回幸せなことだなぁ
と思った



さて!
明日はリリース日

どうか多くの待ちわびてる方々の元へ
届きますように。。。。



では🙋




いつもご訪問頂きありがとうございます
読んで下さった皆さまに幸あれと願いつつ
またのお越しをお待ちしております


関連記事

コメントの投稿

secret